HW-CVD 光干渉加飾技術

ステンレス表面にケイ素系薄膜を形成して光の干渉で美しい色合いを表現する方法です。
従来からある陽極酸化法とは違い、化学気相成長法という真空技術を使って形成します。
それゆえに、透明度が高い薄膜が形成でき、ステンレス本来もつ美しい質感を損なうことなく表現できます。
<材料>
ステンレス鋼 SUS304、316 NSSC_FW2、NSSC2120 等
<表面仕上>
各種アート意匠研磨 + Macoat 等
<特徴>
美しい光沢と質感のあるステンレス素材。
<使用場所>
 内装オブジェ アートワーク 等
<素材の規格サイズ>
最大寸法 0.05mm-3.0mm  x 1000m x 1000mm 板材